Talend Data Preparationインスタンスの復元 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

Talend Data Preparationインスタンスのバックアップ後、データベースと設定をいつでも復元することができます。

バックアップファイルを復元するには、Talend Data Preparationのインストールフォルダーの適切な場所に貼り付ける必要があります。

手順

  1. MongoDBインスタンスを起動します。
  2. Talend Data Preparationインスタンスを停止します。
  3. MongoDBを復元するには、コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを実行します:
    mongorestore -h <source_mongodb_host>:<source_mongo_port> -d<source_database> -u <source_mongodb_user> -p <source_mongodb_password> dump\
  4. データセットを復元するには、<Data_Preparation_Path>/config/application.propertiesファイルのdataset.content.store.file.locationプロパティで指定したフォルダーの内容を、バックアップされたコピーに置き換えます。
  5. カスタム設定を復元するには、<Data_Preparation_Path>/configフォルダーのコンテンツを、バックアップされたコピーに置き換えます。
  6. ログファイルを復元するには、<install_folder>\dataprep\data\logsフォルダーの内容をバックアップコピーに置き換えます。
  7. Talend Dictionary Serviceをインストール、使用してカスタムセマンティックタイプを作成するか、既存のものを更新する場合、次の手順を実行します。
    1. カスタムセマンティックタイプを復元するには、<Data_Preparation_Path>/config/application.propertiesファイルのdataquality.indexes.file.location=<preferred_location>/org.talend.dataquality.semanticプロパティで指定したフォルダーの内容をバックアップコピーに置き換えます。
    2. Talend Dictionary Serviceサーバーを復元します。詳細は、Talend Dictionary Serviceのバックアップとリカバリーを参照してください。

タスクの結果

Talend Data Preparationでは、保存済みのソースファイルと設定が使用されます。