Talend Data Preparation REST APIドキュメントへのアクセス - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

REST APIにより、いくつかのメソッドまたはリクエストタイプが使用され、Talend Data Preparationサーバーに保管されているデータとのやり取りが簡略化されます。

REST APIドキュメントページはすべて、Swaggerおよび実行リクエストに基づいてアクセスできます。

まず、Talend Data Preparation設定ファイルのパラメーターを編集してSwaggerへのアクセスを有効にします。

手順

  1. <Installation_Path>/dataprep/config/application.properties設定ファイルを開きます。
  2. service.documentationパラメーターの値をtrueに設定します。
    # Service documentation
    service.documentation=true
    service.documentation.name=Talend Data Preparation - API
    service.documentation.description=This service exposes high level services that may involve services orchestration.
    service.paths=api
  3. Talend Data Preparationを再起動します。
  4. Webブラウザーのウィンドウを開いて、次のURLを入力します。ホストとポートは、Talend Data PreparationインスタンスのURLに相当します。
    http://<host>:<port>/docs/index.html

    [Talend Data Preparation - API]ページが開きます。ページでは、以下に示す各種カテゴリーに操作が分類されています。

  5. カテゴリー名をクリックすると、そのカテゴリーの下に操作リストが表示されます。
  6. 異なる操作の実行テストを開始します。