ハイブリッドデータプレパレーションユーザーの作成 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

このタイプのユーザーはTalend Data Preparationで動作し、Type (タイプ) リストから選択したプロジェクトタイプでも使用できます。たとえば、ハイブリッドData Preparation/Data QualityユーザーをData Quality (データクオリティ)ユーザーグループに割り当てることができます。

手順

  1. Talend Administration Centerにログインします。
  2. Menu (メニュー)Users (ユーザー)タブでAdd (追加)をクリックします。

    Data (データ)パネルが右側に開き、ユーザーの情報の入力が求められます。

  3. このアカウントのユーザー名、ログイン(メールアドレス)、パスワードを入力します。
  4. Type (タイプ)フィールドで、データプレパレーションユーザーが作業するプロジェクトの種類を選択します。

    アクセス可能なプロジェクトの種類は、お持ちのライセンス、つまりData Integration (データ統合)/ESBData Quality (データクオリティ)またはMaster Data Management (マスターデータ管理) によって異なります。

    Configuration (構成)ページのSSOノードでRole Mapping (ロールのマッピング)オプションを有効にした場合、これらのフィールドは自動的に入力される可能性があります。SSOの有効化の詳細については、Talend Administration Centerユーザーガイドを参照してください。

  5. Role (ロール)のとなりのペンアイコンをクリックすると、ダイアログボックスが開き、選択したユーザーに割り当てるロールのチェックボックスを選択できます。
  6. このアカウントをデータプレパレーションアカウントとして設定するには、[Data Preparation User] (データプレパレーションユーザー)チェックボックスを選択します。

    同じユーザーがTalend Data Stewardshipにアクセスできるようにするには、[Data Stewardship User] (データスチュワードシップユーザー)のチェックボックスを選択します。詳細は、Talend Data Stewardshipユーザーの作成を参照してください。

  7. Data Preparation Role (データプレパレーションロール)のとなりのペンアイコンをクリックすると、ダイアログボックスが開き、選択したユーザーに割り当てるデータプレパレーションロールのチェックボックスをリストから選択できます。

    詳細は、ユーザーロールを参照してください。

  8. Grouip (グループ) フィールドのとなりのペンアイコンをクリックしてダイアログボックスを開き、選択したユーザーを追加するユーザーグループのチェックボックスをリストから選択できます。

    ユーザーグループの詳細については、ユーザータイプ別にユーザーをグループ化するを参照してください。

  9. [Save] (保存)をクリックして、新規ユーザーの作成を検証します。

タスクの結果

ハイブリッドデータプレパレーションユーザーが作成され、[Users] (ユーザー)ページのユーザーのリストに追加されます。