Talend Dictionary Serviceの復元 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
Talend Dictionary Serviceのバックアップの実行後は、いつでもデータを復元し、バックアップされたインスタンスの正確なコピーを作成できます。

手順

  1. Talend Dictionary Serviceインスタンスを停止します。

    インスタンスの実行中でもバックアップを実行できますが、低いアクティビティの期間を選択することをお勧めします。

  2. MongoDBを起動します。
  3. コマンドプロンプトウィンドウを開き、以下のコマンドを実行して、Talend Dictionary Serviceの現在のインスタンス内のデータベースを削除します。
    <pathToTheInstallationFolder>/mongodb/bin/mongo <dbname>  -u <userName> -p <userPassword> --eval "db.dropDatabase()"
    Talend Installerを使用してTalend Dictionary ServiceとともにTalend Data Preparationをインストールした場合、コマンドは次のようになります。
    <pathToTheInstallationFolder>/mongodb/bin/mongo dqdict -u dqdict-user -p duser --eval "db.dropDatabase()"
  4. <path_to_installation_folder>/dq_dict/database/に保存されている現在のインスタンスのdumpフォルダーを、バックアップ手順で取得したdumpフォルダーに置き換えます。
  5. コマンドプロンプトウィンドウから、dumpという名前の辞書サービスのバックアップディレクトリーをインポートするコマンドを実行します。たとえば、システムに応じて.batまたは.shを使用します。:
    semantic-dictionary-import.bat
  6. 設定を復元するには、<path_to_installation_folder>/dq_dict/apache-tomcat/confフォルダーのコンテンツを、バックアップされたコピーに置き換えます。

タスクの結果

Talend Dictionary Serviceインスタンスがリカバリーされます。