ユーザータイプ別にユーザーをグループ化する - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

Talend Administration Center[User Groups] (ユーザーグループ)ページから、既存のユーザーは次のタイプに基づいてグループ化できます: Data Integration/ESBData QualityMaster Data ManagementData Preparationまたは Data Stewardship

作成したグループは、同じタイプのプロジェクトに割り当てることができます。

管理者はユーザーグループを使用して対応するプロジェクトに簡単に割り当てることができるように効率的に整理することで、多数のユーザーを管理できます。ユーザーをグループに追加するには、次の手順を実行します。

始める前に

既に[User] (ユーザー)ページから同じ種類のユーザーを複数作成しています。

手順

  1. Talend Administration Centerにログインします。
  2. Menu (メニュー)User groups (ユーザーグループ)タブでAdd a user group (ユーザーグループの追加)をクリックします。
  3. 表示される[User Group] (ユーザーグループ)ウィンドウで、必要に応じて名前、タイプ、および対応するロールをユーザーグループに設定します。
  4. [Save] (保存)をクリックします。
  5. ページの[User] (ユーザー)パネルから、グループに追加するユーザーを選択し、[User Group] (ユーザーグループ)パネルの対応するグループにドラッグアンドドロップします。

    複数のユーザーは[Ctrl] + [Shift]キーを使用して選択できます。

    Data Preparation専用およびData Stewardship専用ユーザー(関連プロジェクトなし)は、それぞれData PreparationおよびData Stewardshipにのみ追加できますが、ハイブリッドユーザーは自身のユーザータイプに対応するグループタイプにのみ割り当てられます。

    この例では、ユーザーにはData Quality (データクオリティ)タイプが割り当てられており、Data Preparation (データ準備)ユーザーもあります。その結果、Data Quality (データクオリティ)ユーザーグループに追加することができます。

タスクの結果

ユーザーグループが作成され、選択したユーザーが登録されます。

既存のユーザーグループからユーザーを削除するには、[User Groups] (ユーザーグループ)ページの[Users] (ユーザー)パネルからユーザーを右クリックし、[Remove assignment] (割り当ての削除)をクリックします。