プレパレーションの共有 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

組織の他のメンバーがプレパレーションにアクセスできるように、格納先のフォルダーを共有することができます。

他のユーザーまたはユーザーグループがプレパレーションを開いたり編集したりすることができるようになります。

手順

  1. [Preparations] (プレパレーション)をクリックして、プレパレーションのリストおよびプレパレーションが格納されたフォルダーを開きます。
  2. 共有するフォルダーにマウスを重ねて、使用可能なオプションを表示します。
  3. 共有アイコンをクリックして、[Share content for folder] (フォルダーの内容の共有)ウィンドウが開きます。
  4. [All Users and Groups] (すべてのユーザーとグループ)リストを参照するか、[Find user/group] (ユーザー/グループの検索)検索バーを使ってユーザーまたはグループを選択します。
  5. ユーザーまたはグループをクリックして[Add to List] (リストに追加)をクリックし、共同作業者のリストに追加します。

    [Ctrl] + クリックまたは[Shift] + クリック操作で複数のユーザーを一度に選択できます。

  6. [Confirm] (確認)をクリックします。

タスクの結果

選択されたユーザーまたはグループがコントリビューターのリストに追加され、追加されたユーザーまたはグループはフォルダーを[Preparations] (プレパレーション)ビューに表示できるようになります。これらのユーザーまたはグループは、共有フォルダー内のすべてのプレパレーションを編集できるので、共同作業が可能になります。ユーザーが他のユーザーの作業内容を上書きすることを防ぐため、一度に1人のユーザーしかプレパレーションにアクセスできません。

共有されるのはプレパレーションで、その基になるデータセットではありません。

[Preparations] (プレパレーション)ビューでは、フォルダーが共有されているかどうかを次の視覚コードで区別できます。
  • 所有しているフォルダーは共有されていない。
  • 他のユーザーのフォルダーが自分と共有されている。
  • 自分が所有しているフォルダーが共有されている。