プレパレーションカラムへの操作 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

カラムヘッダーのカラム名のとなりのメニューアイコンをクリックして、使用可能なオプションを表示します。

以下の表に、カラムに対して実行できるさまざまな操作を示します。

操作

説明

このカラムのタイプ...

値が望ましくない場合に、カラムのデータ型を変更できます。

カラムの作成

必要に応じてデータセットにデータを格納するための新しいカラムを作成します。名前を指定し、新しいカラムのコンテンツを入力する方法として、既存のカラムをコピーするか、または空白にしておくか指定します。

カラムの削除

不要なカラムを削除できます。

カラムの複製

指定したカラムのコピーを作成します。

カラム名の変更

カラムを特定しやすくする必要がある場合に、わかりやすい名前にカラム名を変更できます。

また、名前をダブルクリックしてカラム名を変更することもできます。

値が有効な行を表示

値が無効の行を表示

値が空の行を表示

値が無効または空の行を表示

サンプルに一致する値が存在しない場合でも、特定のカラムのデータカテゴリーにフィルターを直接適用できます。これは大量のデータセットを操作する場合などに便利です。