Talendジョブからのデータセットの作成 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

Talendジョブと任意の入力フローを使って、データセットをTalend Data Preparationで作成することができます。

Talend Studioからデータセットを作成するには、tDatasetOutputコンポーネントを出力として使用するジョブを設計して、作成モードに設定する必要があります。 どのタイプの入力フローでも使用できますが、データセットの作成に必要とされる最も簡単なジョブ設計は次のように行います。

手順

  1. デザインワークスペースで、tRowGeneratorコンポーネントを追加し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして基本設定を定義します。
  2. [RowGenerator Editor] (RowGeneratorエディター)の横の[...]をクリックして、データのスキーマを設定し、生成する行数を選択します。
  3. デザインワークスペースで、tDatasetOutputコンポーネントを追加し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして基本設定を定義します。
  4. [Sync Column] (カラムの同期)をクリックして、既存のコンポーネントからスキーマを取得します。
  5. [URL]フィールドに、Talend Data Preparation WebアプリケーションのURLを二重引用符で囲んで入力します。ポート9999Talend Data Preparationのデフォルトポートです。
  6. Talend Data Preparation Webアプリケーションへのログインに使用するメールアドレスを[Email] (メール)フィールドに二重引用符で囲んで入力します。
  7. [Password] (パスワード)フィールドに、Talend Data Preparation Webアプリケーションのパスワードを二重引用符で囲んで入力します。

    これらの資格情報の所有者であるユーザーは、新たに作成されたデータセットの所有者になります。また、このデータセットを他のユーザーと共有することもできます。

  8. [Mode] (モード)ドロップダウンリストから[Create] (作成)モードを選択します。

    モードを更新に設定すると、入力したデータを使って、[Dataset Name] (データセット名)フィールドで定義したデータセットを更新することができます。

  9. [Dataset Name] (データセット名)フィールドに、データセットの名前を二重引用符で囲んで入力します。この例では、create_dataset_from_jobです。
  10. [Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使って、2つのコンポーネントをリンクます。
  11. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

タスクの結果

これでTalend Data Preparation Webアプリケーションにログインし、新しいデータセットは[Datasets] (データセット)ビューで使用できます。