Talend Data Preparationのログファイルの設定 - 2.5

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
2.5
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
ログファイルの設定を行うには、<Data_Preparation_Path>/config/application.propertiesファイルを編集します。

logging.pattern.<file|console>プロパティを使ってログのパターンを指定します。これらのプロパティは、ログバック式のパターンを使用します。デフォルトのロギングパターンはlogging.pattern.level=%5p [user %X{user}]で、ログレベル情報とユーザーのIDを表示します。

詳細については、ログバックパターンのレイアウトに関するドキュメントを参照してください。

以下で扱うパターンの例では、ログファイルに適用されるが、コンソールには適用されません。

logging.pattern.file=%d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS} [%thread] %-5level %logger{15} - %msg %n

ログファイルの出力は次のようになります。

2017-02-21 11:07:03.741 [main] WARN  c.l.TrivialMain - a warning message 0
2017-02-21 11:07:03.741 [main] DEBUG c.l.TrivialMain - hello world number1
2017-02-21 11:07:03.741 [main] DEBUG c.l.TrivialMain - hello world number2
2017-02-21 11:07:03.741 [main] INFO  c.l.TrivialMain - hello world number3
2017-02-21 11:07:03.741 [main] DEBUG c.l.TrivialMain - hello world number4
2017-02-21 11:07:03.741 [main] WARN  c.l.TrivialMain - a warning message 5
2017-02-21 11:07:03.741 [main] ERROR c.l.TrivialMain - Finish off with fireworks