Linux UbuntuでのApache Subversionのインストールと設定 - 7.2

Linux用のTalend ESBインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend ESB
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

手順

  1. Subversion、apache2およびlibapache2-svnの各パッケージをインストールします。
    # apt-get install subversion apache2 libapache2-svn
  2. svnディレクトリーを、システムのルートに作成します。
    # mkdir /svn
  3. Webserverユーザーへのディレクトリーの所有者、デフォルトではwww-data、を変更します。
    # chown www-data:www-data /svn
  4. www-dataユーザーに切り替えます。
    # su -l www-data -s /bin/bash
  5. 新しいSVNリポジトリー、たとえばmy_repoを作成します。
    $ svnadmin create /svn/my_repo
  6. ユーザーとパスワードを作成します。
    $ htpasswd -cmb /svn/passwd talend_admin secretpassword
  7. SVN設定ファイルを開きます。
    # vi /etc/apache2/mods-enabled/dav_svn.conf
  8. 次のように更新します。
    <Location /my_repo>
    DAV svn
    SVNPath /svn/my_repo
    AuthUserFile /svn/passwd
    Require valid-user
    AuthType basic
    AuthName "Subversion"
    </Location>
  9. Apache Subversionを再起動します。
    # /etc/init.d/apache2 restart
  10. システムでSELinux (Security-Enhanced Linux)が有効になっていて、エラーメッセージCan't open file 'db/txn-current-lock': Permission deniedが表示される場合は、以下のステップに従います。

    ステップを実行しないとTalend Administration Centerでプロジェクトを作成できず、ログに以下のエラーが返されます。

    警告:
    保存が失敗しました: org.talend.exception.BusinessException: SVN: E204900: ファイル'/var/www/svn/repository/db/txn-current-lock'を開けません: 許可は拒否されました。SVN: E175002:プロジェクト名'/svn/!svn/act/283c5381-5301-0010-9f7f-495961e572c2':500内部サーバーエラー(http://SVN-URL) --詳細については、ログファイルを参照してください
    1. ターミナルを開きます。
    2. sestatusを使用してシステムでSELinuxが有効になっているかどうかを確認します。
      システムでSELinuxが有効になっている場合、結果は次のようになります:
      root@ip-172-31-9-208 ~]# sestatus
      SELinux status: enabled
      SELinuxfs mount: /sys/fs/selinux
      SELinux root directory: /etc/selinux
      Loaded policy name: targeted
      Current mode: enforcing
      Mode from config file: enforcing
      Policy MLS status: enabled
      Policy deny_unknown status: allowed
      Max kernel policy version: 28
    3. 次のコマンドで、インストールを完了します。
      chcon -R -t httpd_sys_content_t /var/www/svn/repository
      chcon -R -t httpd_sys_rw_content_t /var/www/svn/repository