スクリプトの実行 - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

始める前に

  • MySQLを使用している場合は、MySQLサーバーをインストールしたディレクトリーにあるmy.iniファイルを編集して、サーバーで処理されるクエリーパケットのサイズを大きくしておく必要があります。詳細は、互換性があるデータベースを参照してください。

  • talend_dqデータベースが存在し、正しく初期化されています: TDQ_PRODUCTテーブルなどのテーブルが含まれています。データベースには、Studioのユーザーが別の名前を設定できます。Portal設定(server.xmlファイル中)で使用しているのと同じ名前を使用していること。詳細は、servertemplateファイルの編集を参照してください。

  • Talend-DQPortal-YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C.zipファイルがダウンロードされ展開されていること。

  • Talend DQ Portal設定データベースに対応するドライバー(.jarファイル)がダウンロードされます。

手順

  1. dqportalフォルダに移動します。
  2. install.shスクリプトを実行し、指示に従います。
    警告: start tomcat?というinstall.shスクリプトの最後の質問にyesと答えた場合、HSQLデータベースは自動的に開始されます。ただし、次回、Talend DQ Portalを開始する時、TomcatのdatabaseフォルダーからHSQLデータベースを最初に手動で開始する必要があります。