ALLOW-FROM値の使用 - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

ALLOW-FROM X-Frame-Optionの使い方について説明します。

手順

  1. Talend Data Preparationインスタンスとそれに対応するサービス、およびTalend Identity and Access Management サービスを停止します。
  2. <Data_Preparation_Path>/config/application.propertiesファイルを開き、X-Frame-Optionsパラメーターをhttp://<hostname>にします。<hostname>には、アクセス元とするサーバーホスト名が入ります。
  3. <IAM_Path>/tomcat/conf/web.xmlファイルを開き、antiClickJackingOptionパラメーターをALLOW-FROM http://<hostname>にします。<hostname>には、アクセス元とするサーバーホスト名が入ります。
    どちらの設定ファイルでも<hostname>の値が同じであることが必要です。
  4. Talend Data Preparationインスタンスとそれに対応するサービス、およびTalend Identity and Access Management サービスを再起動します。

タスクの結果

以上で、目的のi-frameからTalend Data Preparationアプリケーションを開くことができるようになります。