Talend Administration CenterでのTalend Artifact Repositoryの設定 - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

始める前に

Talend Artifact Repositoryが起動します。

手順

  1. Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページに移動します。
  2. [Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリー)ノードに次の情報を入力します。
    フィールド アクション
    [Artifact repository type] (アーティファクトリポジトリータイプ) アーティファクトリポジトリーのタイプを選択します(NEXUS、NEXUS 3、おえびArtifactory)。
    [URL] Talend Artifact RepositoryへのロケーションURLを、たとえばhttp://localhost:8081/のように入力します。
    注: http://localhost:8081/は一例に過ぎません。設定によっては、localhostをWebサーバーのIPアドレスに置き換え、リポジトリーインスタンスに使用するポートを8081にする必要があります。
    [Username] (ユーザー名) Managerのロールを持つリポジトリーユーザーの名前を入力します。デフォルトではadminです。
    [Password] (パスワード) Managerのロールを持つリポジトリーユーザーのパスワードを入力します。デフォルトではTalend123です。
    [Default Release Repo] (デフォルトリリースリポジトリー) Talend Artifact Repositoryリリースリポジトリー名を入力します。デフォルトではreleasesです。
    [Default Snapshot Repo] (デフォルトスナップショットリポジトリー) Talend Artifact Repositoryスナップショットリポジトリー名を入力します。デフォルトではsnapshotsです。
    [Default Group ID] (デフォルトグループID) ジョブ、サービスおよびルートアーティファクトを公開するグループの名前を入力します。デフォルトではorg.exampleです。

タスクの結果

Talend Administration CenterJob Conductor (ジョブコンダクター)およびESB Conductor (ESBコンダクター)ページで、2種類のリポジトリーで公開されたアーティファクトすべてを取得し、実行サーバーでの実行を設定できます。詳細は、Talend Administration Centerユーザーガイドを参照してください。