ポート情報 - 7.1

Talend Open Studio for ESB インストレーションおよびアップグレードガイド Mac

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Open Studio for ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend ESB
Talend Runtime
Talend Studio

次の表は、Talend製品で使用される最も重要なTCP/IPポートを示しています。

ファイアウォールの設定がこれらのポートと互換性があることを確認して下さい。また必要に応じてデフォルトのポートを変更して下さい。

Talendモジュールを実行する全てのマシンで次のWebサイトをホワイトリストに追加します。
URL ポート 使用方法
update.talend.com 443 Bonita BPM Integration、Talend Metadata Bridge、およびTalend Studioツールからのアップグレードなど、追加パッケージのダウンロード
talend-update.talend.com 443 Talend Studio内のライブラリをダウンロードする(主にコンポーネント用)
www.talend.com 443 Talend Studioから使用統計をテストし、送信する
talendforge.org 443 Talend ExchangeTalend Studioを使用する、また、フォーラムリンクをクリックするなどのユーザーアクションで使用
community.talend.com 443 コミュニティリンクをクリックするなどのユーザーアクション
help.talend.com 443 ヘルプリンクをクリックするなどのユーザーアクション
注: デプロイが他のサードパーティソフトウェアに依存する場合は、ホワイトリストに別のURLを追加しなければならないこともあります。

この表で使用する用語の意味は以下のとおりです:

  • ポート: TCP/IPポートまたはポートの範囲

  • 方向: In (インバウンド)およびOut (アウトバウンド)は、ポートとそれを使用して通信するサービス(またはCFXルート)の間のリクエストの方向を指します。たとえば、サービスがポート9080でHTTPリクエストをリスンしている場合は、インバウンドポートです。その他のサービスがそこでリクエストを実行しているからです。ただし、サービスが特定のポートで別のサービスを呼び出す場合は、アウトバウンドポートです。

  • Usage (使用): このポートを使用する製品コンポーネント (たとえば、1099はTalend RuntimeのJMX Monitoringコンポーネントで使用されます)。

  • Configuration file (設定ファイル): 値を変更できるファイルまたは場所。

Talend Studioポート

ポート 方向 使用方法 設定ファイル

8090

IN

tESBProviderRequest (SOAPデータサーバー)およびtRESTRequest (RESTデータサービスのデフォルトポート)

REST: 環境設定/ Talend / ESB SOAP: tESBProviderRequestコンポーネントの詳細