無署名のジョブをNexusリポジトリに移行する - 7.1

Talend ESB マイグレーションガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
Talend Administration Centerをアップグレードした後に、新しいTalend Administration Centerで実行する前に、Nexusリポジトリにパブリッシュ済みの無署名のジョブを移行する必要があります。

始める前に

[Redeploy] (再デプロイ)オプションがNexus側で有効になっていることを確認します。

手順

  1. Talend Administration Centerパッケージに含まれているアーカイブArtifact-Repository-Nexus-<version>.zipを解凍して、migration-<version>フォルダーを取得します。
  2. configurationサブフォルダーに移動し、設定ファイルrepository.propertiesを開きます。
  3. 設定ファイルを編集して、実際の状況に従って以下の詳細を指定します。
    • リポジトリタイプ
    • リポジトリのURL
    • リポジトリID
    • グループIDまたは検索キーワード
    • ユーザー名とパスワード
    • ライセンスファイルへのパス
  4. migration-<version>フォルダー内のJARファイルnexus-signature-migration-<version>.jarを実行します。
    java -jar nexus-signature-migration-<version>.jar

タスクの結果

Nexusリポジトリにパブリッシュされた古いジョブがローカルファイルシステムにダウンロードされ、署名されてNexusリポジトリに再デプロイされます。