サービスの設定と公開 - 7.1

Talend ESB 入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このシナリオでは、データサービスプロバイダーでtESBProviderRequestコンポーネントとtESBProviderResponseコンポーネントを使って、顧客のWebサービスへのアクセスを可能にし、tXMLMapコンポーネントを使って、MySQLデータベースから提供される空港のデータをリクエスト/レスポンス呼び出しメインフローに結合して、パブリッシュします。データベースのデータはtMysqlInputコンポーネントによりロードされます。

手順

  1. サービスの詳細とWSDLのリクエスト/レスポンスデータ型をメタデータに保存します。それにより他のコンポーネントからアクセスできるようになります。[Services] (サービス)CustomerService 0.1を右クリックし、[Import WSDL Schemas] (WSDLスキーマのインポート)を選択します。

    このオプションでは、[Metadata] (メタデータ) > [File xml] (XMLファイル)の下で、WSDLメタデータがサービスから[Repository] (リポジトリ)にインポートされます。これにより、サービスおよびその他のコンポーネントの間でオペレーションの詳細を共有することができます。

  2. CustomerService 0.1に表示されたエレメントを展開し、CustomerServiceOperation 0.1を右クリックし、[Assign Job] (ジョブの割り当て)を選択します。
  3. [Assign Job] (ジョブの割り当て)ウィザードが開きます。[Create a new Job and Assign it to this Service Operation] (新規ジョブをサービス操作に割り当てる)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. ウィザードの[New Job] (新規ジョブ)ビューで、作成するジョブに自動的に名前が付いているため、[Finish] (終了)をクリックします。

    ワークスペースでジョブのデフォルトテンプレートが開きます。ジョブのドラフトでは、tESBProviderRequesttESBProviderResponseがすでに選択され設定されています。tESBProviderRequestにより、指定したWebサービスに要求が送信され、tESBProviderResponseにより、その要求への応答が返されます。これらのコンポーネントは、[Palette] (パレット)[ESB]グループにあります。

  5. ここで、名前をデザインワークスペースに入力して、2つのESBコンポーネントの間にtXMLMapを追加します。
  6. tESBProviderRequest_1を右クリックし、[Row] (行) > [Main] (メイン)の順に選択し、ラインの終端をtXMLMap_1にドロップします。
  7. tXMLMap_1を右クリックし、[Row] (行) > [Main] (メイン)の順に選択し、ラインの終端をtESBProviderResponse_1にドロップします。そのコンポーネントにresponseという名前を付け、[OK]をクリックします。スキーマをインポートするかどうかの確認で、デフォルトの[Yes] (はい)をクリックします。
  8. 名前をデザインワークスペースに入力してtMysqlInputtXMLMapの下に追加し、顧客データをMySQLデータベースにロードします。
  9. tMysqlInputを右クリックし、[Row] (行) > [Main] (メイン)の順に選択し、ラインの終端をtXMLMapにドロップします。