顧客コンシューマーの設定 - 7.1

Talend ESB 入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
このセクションでは、顧客コンシューマージョブ内のコンポーネントを設定します。

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)フィールドのとなりの[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)を開きます。[+]ボタンを1回クリックし、スキーマに1つの[Column] (カラム)を追加し、idと名前を付けます。[Type] (タイプ)フィールドはstringのままにしておきます。[OK]をクリックして、このスキーマを確定します。
  3. tFixedFlowInputのBasic Settings (基本設定)の[Mode] (モード)エリアで、[Use Single Table] (シングルテーブルの使用)が有効なオプションになり、[Values] (値)テーブルにid行が自動的に追加されています。[Values] (値)テーブルの[Values] (値)カラムで、引用符の中に100と入力します。
  4. tXMLMapをダブルクリックし、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  5. 出力フロー側(右)のメインの行テーブルでpayloadという名前のカラムを右クリックし、コンテキストメニューから[Import from Repository] (リポジトリーからインポート)を選択します。[Metadatas] (メタデータ)ウィザードが開きます。このウィザードで[File XML] (XMLファイル)ノードを展開し、リクエスト側のスキーマを選択し、[OK]をクリックして選択を確定します。この例では、リクエストスキーマはCustomerServiceOperationRequestです。
  6. 入力側(左)のメインフローテーブルでidをクリックし、それをクリックしたまま[Expression] (式)カラムにドロップします。これは出力側(右)のXMLツリービューのidノードに対応します。[OK]をクリックして、この設定を有効にします。
  7. tESBConsumerコンポーネントをダブルクリックし、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  8. [Service configuration] (サービス設定)フィールドのとなりの[...]ボタンをクリックしてWSDLエディターを開き、サービス"http://localhost:8090/services/CustomerService?WSDL"WSDLフィールドに貼り付け、右側の更新ボタンをクリックして情報をロードし、[Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

tLogRowコンポーネントにより、前のコンポーネントからスキーマが自動的に取得されます。取得されない場合は、コンポーネントをダブルクリックし、その[Component] (コンポーネント)ビューの[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックします。