サービスの作成 - 7.1

Talend ESB 入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
このセクションでは、WSDLを作成して顧客サービスを定義します。

手順

  1. Talend StudioIntegrationパースペクティブで、[Repository] (リポジトリ)ツリービューにある[Services] (サービス)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Service] (サービスの作成)を選択します。
  2. ポップアップウィザードで、名前CustomerService、目的demo、サービスの説明を入力し、[Next] (次へ)をクリックします。
  3. [Create new WSDL] (WSDLの新規作成)オプションを選択し、[Finish] (終了)をクリックします。

    デザインワークスペースにサービスが開いて、WSDLの基本スケルトンが示されます。これには1つのサービス、1つのバインド、1つの操作の1つのポートタイプが含まれます。

  4. WSDLスケルトンで、入力エレメントCustomerServiceOperationRequestの右側にある矢印アイコンをクリックします。スキーマエディターが開き、リクエストメッセージのスキーマを定義することができます。
  5. inエレメントを右クリックし、コンテキストメニューで[Show properties] (プロパティの表示)を選択します。[Properties] (プロパティ)ビューが開いたら、[Name] (名前)フィールドで名前をidに変更します。このユースケースではリクエストメッセージが顧客IDになるためです。Talend Studioのメニューバーにあるアイコンをクリックし、スキーマを保存して閉じます。
  6. WSDLスケルトンで、出力エレメントCustomerServiceOperationResponseの右にある矢印アイコンをクリックし、スキーマエディターでレスポンスメッセージのスキーマを編集します。
  7. このユースケースでは、レスポンスメッセージには2つの行(顧客の電子メールと電話番号)があります。[Properties] (プロパティ)ビューでoutエレメントをクリックし、名前をPhoneに変更します。
  8. デザインワークスペースでPhoneエレメントを右クリックし、コンテキストメニューで[Insert Element] (エレメントの挿入) > [After] (後ろ)の順に選択します。[Properties] (プロパティ)ビューでEmailという名前を付けます。Talend Studioのメニューバーにあるアイコンをクリックし、スキーマを保存して閉じます。
  9. WSDLファイルを保存します。このファイルはWebサービスの構築に使用されます。

タスクの結果

[Repository] (リポジトリー)ビューの[Services] (サービス)ノードの下に、定義したばかりのWebサービスが表示され、[!]アイコンが付加されています。[!]アイコンは、定義済みのこのWebサービスがまだ使用されていないことを意味します。