Windowsのバージョンとリビジョンの管理システムをインストールし、設定する - 7.1

Talend ESB 入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Talend ESBでは、ソフトウェアのバージョンとリビジョンの管理システムとしてGitとSubversionをサポートしています。Talendでは、Talendプロジェクトのリポジトリとしてジョブ、接続、スキーマ定義、カスタムjar、サードパーティライブラリ、プロパティのファイルを保存するために、Talend Administration Centerを通じてそれらを使用します。

これらのシステムの両方またはどちらか片方を、お使いのコンピューターにインストールして下さい。このセクションでは、WindowsにSubversionをインストールして設定する方法を説明しています。Unixベースのオペレーティングシステムの場合、TalendではTalend Installerを使用してインストールすることを推奨しています。Gitのインストールと設定の方法は、『Talendインストレーションガイド』を参照して下さい。

手順

  1. VISUALSVN SERVER // ダウンロードページで[64-bit] (64ビット)をクリックして、VisualSVN Serverをダウンロードします。
  2. VisualSVNの手順に従ってVisualSVN Serverをインストールします。
  3. VisualSVN Serverを起動して新しいリポジトリーとユーザーを作成します。
  4. VisualSVN Server[Repositories] (リポジトリ)を右クリックし、[Create new repository...] (リポジトリの新規作成...)をクリックします。
  5. [Create new Repository] (リポジトリの新規作成)ウィザードで、最後までデフォルトオプションを選択し、[Repository Name] (リポジトリ名)フィールドで新しいリポジトリに名前を付け(たとえばgettingstarted_repo)、[Create] (作成)[Finish] (終了)をクリックします。
  6. メインウィンドウに戻り、新しく作成したgettingstarted_repoを右クリックし、[Properties...] (プロパティ...)を選択します。
  7. [Properties] (プロパティ)ウィザードで[Add...] (追加...)をクリックし、[Create user...] (ユーザーの作成...)をクリックします。
  8. [Create New User] (新規ユーザーの作成)ウィザードでユーザー名とパスワードを定義します(たとえばadmin/admin)。全てのウィザードで[OK]をクリックします。

    これで、管理者ユーザーはリポジトリーgettingstarted_repoにアクセスできる読み取り/書き込み権限を得ました。

タスクの結果

これでSVNサーバーがインストールされ、リポジトリーはすべてのTalendプロジェクトを保存する準備ができました。プロジェクトの管理に使用するTalend Administration Center Webアプリケーションを設定するために、このリポジトリーのURLとユーザーのクレデンシャルが後ほど必要になります。