最初のユーザーとプロジェクトの設定 - 7.1

Talend ESB 入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Talend Administration Centerが開始したので、その管理機能を使用して最初のユーザーとプロジェクトを設定することができます。

手順

  1. 左側のメニューで[Users] (ユーザー)リンクをクリックし、[Users] (ユーザー)ページで[Add] (追加)ボタンをクリックして新しいユーザーを作成します。
  2. 右側の[Data] (データ)パネルにTalend Administration CenterとSvn資格情報を入力します。
    • [Type] (タイプ)リストから、ユーザーが実行するタスクの性質に応じてタイプを選択します。

    • Talend Administration Centerからプロジェクトの管理、Studioの使用、アーティファクトのデプロイ管理を行うことができるように、アカウントにそれぞれ[Administrator] (管理者)[Operation manager] (オペレーションマネージャー)[Designer] (デザイナー)のロールを割り当てて下さい。

  3. [Save] (保存)をクリックします。作成した新規アカウントがリストに表示されます。
  4. Talend Administration Centerからログアウトし、作成したばかりのユーザーとしてもう一度ログインします。
  5. 左側のメニューで[Projects] (プロジェクト)リンクをクリックし、[Projects] (プロジェクト)ページで[Add] (追加)ボタンをクリックして新しいプロジェクトを作成します。
  6. 右側の[Project] (プロジェクト)パネルの[Label] (ラベル)フィールドにプロジェクトの名前を入力します。
  7. [Save] (保存)をクリックします。作成した新規プロジェクトがリストに表示されます。
  8. 左側のメニューで[Project authorizations] (プロジェクト権限)リンクをクリックし、[Project authorizations] (プロジェクト権限)ページで作成したユーザーアカウントのプロジェクトにアクセス権を指定します。
  9. 左側の[Project] (プロジェクト)パネルでプロジェクトをクリックして選択し、右側の[User Authorizations] (ユーザー権限)パネルでユーザーの[Read write] (読み書き)アイコンをクリックします:

タスクの結果

これでこのプロジェクトに接続することができます。