データベース接続の作成 - 7.2

Talend Data Management Platform入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Management Platform
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
顧客データ(この例ではMySQLデータベースに保存されています)の分析に進む前に、最初にデータベースへの接続を設定する必要があります。

始める前に

  • Studioで Profiling パースペクティブを開いていること。

  • カラム分析が作成済みで、分析エディターが開いていること。詳細は、カラム分析の定義を参照して下さい。

  • gettingstarted.sqlファイルがインポート済みで、そのファイルで顧客データがMySQLデータベースに保存されていて、そこにアクセスできること。詳細は、入力データの設定を参照して下さい。

手順

  1. 分析エディターで[New Connection] (新規接続)タブをクリックして、[Create New Connection] (新規接続の作成)ウィザードを開きます。
  2. [Connection Type] (接続タイプ)リストから[DB connections] (DB接続)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  3. [Finish] (終了)をクリックしてデータベース接続を作成し、[Metadata] (メタデータ)ノードの下にリスト表示して、ウィザードで新しい手順を開きます。
  4. データベース接続を展開してテーブル名をクリックし、分析を作成するカラムのチェックボックスを選択します。
  5. [OK]をクリックしてウィザードを閉じ、カラムを分析エディター内にリスト表示します。

    [Refresh Data] (データの更新)をクリックすれば、分析エディターに実際のデータを表示することができます。