前提条件 - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designer入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Pipeline Designer

最初のパイプラインを作成する前に、エンジン(組み込みのCloud Engine for Design、またはRemote Engine Gen2)が設定されている必要があります。

ログインすると、エンジンを設定する必要があるというウィンドウが表示されます。

  • Cloud Engine for Designはデフォルトで既にTalend Cloud Pipeline Designerアプリに組み込まれています。
    • 試用版アカウントやTalend Cloud Pipeline Designerライセンスを使用している場合は、デフォルトでCloud Engine for Designが起動するので、すぐにパイプラインを実行できます。
    • Talend Cloudのプラットフォームライセンスを使用している場合は、アプリへのログイン時にポップアップ表示されるウィンドウからCloud Engine for Designを起動する必要があります。

      Cloud Engine for Designの起動や停止は、Talend Management Consoleからでも可能です。Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイドを参照してください。

  • 所有するネットワークや仮想プライベートクラウドで自分のパイプラインを実行できるよう、セキュアなRemote Engine Gen2を作成してインストールする必要があります。Remote Engine Gen2を作成して設定する場合は、Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイドをお読みください。