カラム分析の定義 - 7.3

Data Qualityジョブと分析の例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
データクオリティとプレパレーション

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Data Profiling] (データプロファイリング)フォルダーを展開します。
  2. [Analyses] (分析)フォルダーを右クリックし、[New Analysis] (新規分析)を選択します。

    [Create New Analysis] (新しい分析を作成)ウィザードが開きます。

  3. フィルターフィールドで、basic column analysisの最初の数文字を入力して、[Basic Column Analysis] (カラム分析)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. [Name] (名前)フィールドに、現在のカラム分析の名前を入力します。
    注:

    アイテムの名前には次の特殊文字は使用しないで下さい。

    "~", "!", "`", "#", "^", "&", "*", "\\", "/", "?", ":", ";", "\"", ".", "(", ")", "'", "¥", "'", """, "«", "»", "<", ">".

    ファイルシステムでは、これらの文字はすべて"_"に置き換えられ、重複するアイテムが作成されてしまう場合があります。

  5. 該当するフィールドでカラム分析のメタデータ(目的、説明、作成者名)を設定し、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。