レポートを起動するジョブを生成する - 7.3

Data Qualityジョブと分析の例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
データクオリティとプレパレーション
このセクションでは、カラム分析で作成したレポートを起動する既製ジョブを生成する方法を説明します。

手順

  1. Talend Studio Profiling パースペクティブで、[Report]ノードの下のprofile_customersレポートを右クリックし、[Generate Jobs] (ジョブの生成) > [Launch a report] (レポートの起動)の順に選択します。

    これにより、レポートを起動するジョブが生成され、統合パースペクティブでそのジョブが開きます。

    [Report filenames] (レポートファイル名)フィールドはレポートの技術的なパスを示し、[Output folder] (出力フォルダー)フィールドは、レポートファイルを保存する出力フォルダーのパスを示しています。
  2. F6を押して、Talend Studioからジョブを実行してテストします。

タスクの結果

Talend Studioのコンソールに、レポートのID、名前、実行時間などを含む、レポート情報が表示されます。