Talend Dictionary Serviceにおける監査機能の有効化と設定 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

監査イベントが正しく追跡され、記録されるように、Talend Dictionary Serviceで監査機能を有効化し、設定することができます。

Talend Dictionary Serviceの監査機能はデフォルトで有効です。

監査機能については、『Talend Administration Centerユーザーガイド』で監査ログに関するセクションを参照してください。

手順

  1. <Installation_Path>/dq_dict/apache-tomcat/conf/data-quality.propertiesを参照して開きます。
  2. 監査ロギング設定ファイルへの正確なパスのプロパティがtalend.logging.audit.config=${catalina.base}/conf/audit.propertiesに設定されていることを確認します。
    移行中など、特定の状況では監査イベントの生成を避けた方がよい場合があります。監査機能を無効にするには、プロパティtalend.logging.audit.configをコメントアウトします。
  3. <Installation_Path>/dq_dict/apache-tomcat/conf/audit.propertiesを参照して開きます。
  4. 監査ロギングプロパティを必要に応じて設定します。
    ログアペンダー(ファイルとhttp)のすべてを使用するか1つのみを使用するかを選ぶことができます。
    Property 説明
    log.appender=http ログエントリがHTTPリクエスト経由で送信されます。

    URLとアクセスクレデンシャル(もしあれば)を指定する必要があります。たとえば、次のような場合があります:

    appender.http.url=http://localhost:8057/
    appender.http.async=true
    #appender.http.username=talendlogs
    #appender.http.password=tpsvclogs

    ログサービスプラットフォームhttp://[log server address]:5601にアクセスし、左上の[Dashboard] (ダッシュボード)リストから[talendaudit*]を選択すれば、監査イベントを後で確認することも可能です。

    log.appender=file ログエントリーがJSONファイル内に置かれます。ほとんどの場合は、新しいメッセージを選択してLogstashに送信するFilebeatインスタンスが必要です。

    ファイルへの正確なパス、ファイルの最大サイズ(超過すると新しいバックアップファイルが作成されます)、1日に許可されるバックアップファイルの最大数を指定する必要があります。たとえば、次のような場合があります:

    appender.file.path=${catalina.base}/logs/audit.log
    appender.file.maxsize=52428800
    appender.file.maxbackup=20
  5. 変更内容をファイルに保存します。