サーバーディレクトリーのアクセス権限の設定 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

始める前に

すでにこのサーバーからジョブを開始している場合は、すでにデプロイされているジョブまたはキャッシュされたファイルに対して予期しない承認が行われることがないよう、ディレクトリー<jobserver_path>/TalendJobServerFilesを削除することをお勧めします。

手順

  1. タスクを実行できるユーザー(たとえば、サブユーザーというユーザー)を、「root」グループだけでなく、Talend JobServerの親ディレクトリを所有するユーザーのグループ(たとえば、myuserというユーザーのグループ)に追加します。以下に例を示します。
    > sudo usermod -a -G myuser_group subuser
    > sudo usermod -a -G root subuser
  2. chmod g+rx /<directory_path>を実行して、以下のディレクトリーのmyuser_groupにexecute権限を与えます:
    /DIRECTORY_1
    /DIRECTORY_1/DIRECTORY_2
    /DIRECTORY_1/DIRECTORY_2/Talend-JobServer
    /DIRECTORY_1/DIRECTORY_2/Talend-JobServer/cache
    /DIRECTORY_1/DIRECTORY_2/Talend-JobServer/cache/lib
    /DIRECTORY_1/DIRECTORY_2/Talend-JobServer/repository
    グループの読み取り権限は、デプロイされたファイルにのみ必要であることに注意して下さい。