データベース検索における大文字/小文字の区別の管理 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
SQLデータベースの設定によっては、データベースの検索で大文字小文字が区別される場合があります。

手順

  1. <$INSTALLDIR>/conf/datasources.xmlファイルを開きます。
  2. 検索で大文字小文字を区別しないようにするには、<case-sensitive-search>オプションの値をfalseに設定します。
    たとえば、次のような場合があります:
    <datasources xmlns="http://www.talend.com/mdm/datasources">
        <datasource name="MySQL-DS1">
            <master>
                <type>RDBMS</type>
                <rdbms-configuration>
                    ...
                    <case-sensitive-search>false</case-sensitive-search>
                    ...
                </rdbms-configuration>
            </master>
        </datasource>
    </datasources>
    このオプションが使用できない場合、データベースで実行される全ての検索で大文字と小文字が区別されます。