Talend Runtimeコンテナのインストール - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. 実行に使用されるサーバーを選択します。
  2. それぞれのサーバーで、Talend Studioのリリースバージョンに一致する Talend Runtimeアプリケーションを含むアーカイブファイルを解凍します。
    アーカイブファイル名は、たとえばTalend-Runtime-V6.4.1.zipのようになります。
  3. 展開したorg.ops4j.pax.web.cfgファイルを設定して、HTTP リスニングポートおよびJMX経由でTalend ESBコンテナに接続するRMI接続を管理するorg.apache.karaf.management.cfgを変更する必要があるかもしれません。ファイルはTalend-Runtime-VA.B.C/etcにあります。このファイルを使用して、アーティファクトリポジトリURLを定義することもできます。
  4. binディレクトリーに移動して、trunファイルを実行し、 Talend Runtimeを起動します。
  5. Talend Administration Center[Servers] (サーバー)ページに移動します。
    Operation Manager (運用マネージャー)のロールと権限を持つユーザーに限り、このページへの読み取り/書き込みアクセス権が付与されます。アクセス権限の詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。したがって、サーバーを設定するためには、オペレーションマネージャーとしてTalend Administration Centerに接続する必要があります。
  6. サーバーを以下のように定義します。
    [Field] (フィールド) 説明

    ラベル

    TestingServer

    [Description] (説明)

    サーバーの説明を入力します。

    [Host] (ホスト)

    localhost

    Command port (コマンドポート)

    8000

    File transfer port (ファイル転送ポート)

    8001

    Monitoring port (監視ポート)

    8888

    Timeout on unknown status(s) (未知のステータスでタイムアウト)

    120

    Username (ユーザー名)

    ジョブサーバーにアクセスするためのユーザー認証用ユーザー名を入力します。

    [Password] (パスワード)

    ジョブサーバーにアクセスするためのユーザー認証用パスワードを入力します。

    [Active] (アクティブ化)

    このサーバーをアクティブ/非アクティブにするには、チェックボックスをオン/オフにします。

    Use SSL (SSL の使用)

    SSL Keystoreを使用して送信前にデータを暗号化するかどうかを指定するには、チェックボックスをオン/オフにします。

    SSL有効化の詳細は、Talend RuntimeでのSSL暗号の有効化を参照してください。

    Talend Runtime

    デフォルトでは、作成されたサーバーはジョブサーバーです。

    ジョブ、サービス、ルート、または汎用タスクを Talend Runtimeに展開して実行するには、Talend Runtimeチェックボックスを選択します。Mgmt-ServerポートMgmt-RegポートAdmin ConsoleポートInstanceのフィールドが表示されます。

    Mgmt-Server port (Mgmt-Serverポート番号) RMI Serverポート(デフォルトは44444)。このフィールドは必須です。
    Mgmt-Reg port (Mgmt-Regポート) RMI Registryポート(デフォルトは1099)。このフィールドは必須です。
    Admin Console port (管理コンソールポート) Administration Web Consoleのポート(デフォルトは8040)。このフィールドは必須です。[Admin server] (Adminサーバー)ボタンをアクティブ化し、Administration Webコンソールを利用できるようにします。
    Instance (インスタンス) ジョブ、サービス、ルート、Generic タスクをデプロイして実行するコンテナ インスタンスの名前を入力します。デフォルトでは、trunです。
    これは、Webアプリケーションをホストするシステム上の Talend Runtimeの設定に対応します。他のシステムに対しては、[Host] (ホスト)フィールドにシステムのIPアドレスが含まれている必要があります。ポート8000、8001、8888が利用可能であることも確認します。これらのポートは、上記で定義されたTalendJobServer.propertiesで定義されたものと同じである必要があります。ディレクトリー<root>/conf/のファイルusers.csvでユーザー名とパスワードのペアが1つも定義されていない場合は(<root>Talend JobServerパス)、UsernamePasswordを設定する必要はありません。
  7. [Servers] (サーバー)ページを再度クリックすると、 Talend Runtimeサーバーとそのプロパティが表示されます。