MDMサーバーでのOracleの使用 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

MDMサーバーのデータベースとしてOracleを使用するように選択する場合は、MDMサーバーを起動する前に特定の設定を行う必要があります。

異なる複数のテーブルスペースを単一のOracleデータベースで運用できます: マスターコンテナに1つ、システムオブジェクトに1つ、そしてステージングコンテナに1つテーブルスペースを用意します。

異なるOracleバージョンでも設定は同じになります。サポートされているOracleバージョンの詳細は、互換性のあるデータベースを参照してください。

MDMでは他の種類のデータベースもサポートされています。詳細は、MDMデータベースの管理を参照して下さい。

手順

  1. Oracle開発ツール(Oracle SQL Developerなど)を使用して、コンテナごとに1つのユーザーを作成します。
    この例では、次の3人のユーザーを作成します: mdm_master、mdm_staging、およびmdm_system。
  2. ユーザーごとにテーブルスペースを作成します。
    たとえば、ユーザーmdm_masterのテーブルスペースMDMMASTERを作成します:
    CREATE TABLESPACE
    MDMMASTER DATAFILE '/home/talend/oracle/oradata/XE/MDMMASTER.DBF'  SIZE 20M
    AUTOEXTEND ON NEXT 5M
    MAXSIZE 100M;
    "tablespace MDMMASTER created" (テーブルスペースMDMMASTERが作成されました)という出力が表示されていることを確認します。
  3. テーブルスペースのユーザーにアクセス権を付与します。
    ALTER USER mdm_master
    QUOTA 100M ON MDMMASTER; 

    "user mdm_master altered" (ユーザーmdm_masterが変更されました)という出力が表示されていることを確認します。

  4. それぞれが異なるテーブルスペースを使用するようにユーザーを変更します。
    この例では、mdm_masterはテーブルスペースMDMMASTERを使用し、mdm_stagingはMDMSTAGINGを使用します。
  5. 各ユーザーに「System Privileges(システム権限)」のアクセス権限があることを確認します。
  6. MDMサーバーでデータソース設定ファイル<$INSTALLDIR>/conf/datasources.xmlを更新します。
    テンプレートは以下のとおりです:
        <datasource name="Oracle-Default">
            <master>
                <type>RDBMS</type>
                <rdbms-configuration>
                    <dialect>Oracle11g</dialect>
                    <connection-driver-class>oracle.jdbc.driver.OracleDriver</connection-driver-class>
                    <connection-url>jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:TMDM_DB</connection-url>
                    <connection-username>mdm_master</connection-username>
                    <connection-password></connection-password>
                    <connection-pool-minsize>5</connection-pool-minsize>
                    <connection-pool-maxsize>50</connection-pool-maxsize>
                    <fulltext-index-directory>/home/talend/Talend-MDMServer/data/indexes/Oracle-Default</fulltext-index-directory>
                    <schema-generation>update</schema-generation>
                    <properties>
                        <property name="hibernate.show_sql">false</property>
                        <property name="hibernate.default_schema">mdm_master</property>
                    </properties>
                </rdbms-configuration>
            </master>
            <staging>
                <type>RDBMS</type>
                <rdbms-configuration>
                    <dialect>Oracle11g</dialect>
                    <connection-driver-class>oracle.jdbc.driver.OracleDriver</connection-driver-class>
                    <connection-url>jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:TMDM_DB</connection-url>
                    <connection-username>mdm_staging</connection-username>
                    <connection-password></connection-password>
                    <connection-pool-minsize>5</connection-pool-minsize>
                    <connection-pool-maxsize>50</connection-pool-maxsize>
                    <schema-generation>update</schema-generation>
                    <properties>
                        <property name="hibernate.show_sql">false</property>
                        <property name="hibernate.default_schema">mdm_staging</property>
                    </properties>
                </rdbms-configuration>
            </staging>
            <system>
                <type>RDBMS</type>
                <rdbms-configuration>
                    <dialect>Oracle11g</dialect>
                    <connection-driver-class>oracle.jdbc.driver.OracleDriver</connection-driver-class>
                    <connection-url>jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:TMDM_DB</connection-url>
                    <connection-username>mdm_system</connection-username>
                    <connection-password></connection-password>
                    <connection-pool-minsize>5</connection-pool-minsize>
                    <connection-pool-maxsize>50</connection-pool-maxsize>
                    <schema-generation>update</schema-generation>
                    <properties>
                        <property name="hibernate.show_sql">false</property>
                        <property name="hibernate.default_schema">mdm_system</property>
                    </properties>
                </rdbms-configuration>
            </system>
        </datasource>

    ファイルの詳細は、Talend Help Centerを参照してください。

    注: ステージングエリアでは、フルテキストのインデックスディレクトリーは定義されていません。
  7. 設定ファイル<$INSTALLDIR>/conf/mdm.confを以下のように更新します:
    db.autoPrepare=false
    db.default.datasource=Oracle-Default
  8. MDMサーバーを再起動します。