ログ保管モードの設定 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
ログ出力はデフォルトでは <ApplicationPath>/WEB-INF/classesフォルダーのLog4j.xmlファイルで定義されているサーバーアプリケーション標準ログファイル(STDOUT)に保管されています。ただし、Log4j.xmlにファイルのパスを設定することで、ログを別のファイルに保存できます。

手順

別ファイルのパスを設定するには、Talend Administration Centerの[Configuration] (設定)ページでそのパスを設定します。
詳細は、『Talend Administration Center ユーザーガイド』を参照して下さい。[Configuration] (設定)ページにpathフィールドを空白のままにした場合、Log4j.xmlをカスタマイズしてカスタムニーズに対応することもできます。