クラスターモードによるTalend Data Preparationのインストール - 7.1

Talend Data FabricインストールガイドLinux版

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

Talend Data Preparationをクラスターモードでインストールする場合は、<Data_Preparation_Path>/config/application.properties設定ファイルに項目をいくつか追加する必要があります。

このインストールを実行するには、必要な数のTalend Data Preparationのインスタンスとその依存項目をインストールして設定しなければなりません。

始める前に

手順

  1. 最初のTalend Data Preparationインスタンスをインストールします。

    Talend Data Preparationのインストール手順は、Talend Data Preparationの手動インストールを参照してください。

  2. <Data_Preparation_Path>/config/application.propertiesファイルでmongodb.hostプロパティを編集し、複数のMongoDBインスタンスのホストとポートを指定します。

    mongodb.host=<host1>:<port1>,<host2>:<port2>,…,<hostN>という構文を使ってください。最後のホストを除いて、異なるURLのホストとポートを連結する必要があります。最後のホストはmongodb.portプロパティの値を継承します。例:

    mongodb.host=mongorep-mongodb-replica-1.mongorep-mongodb-replica.default.svc.cluster.local:27017,
    mongorep-mongodb-replica-0.mongorep-mongodb-replica.default.svc.cluster.local:27017,
    mongorep-mongodb-replica-2.mongorep-mongodb-replica.default.svc.cluster.local:27017,
    mongorep-mongodb-replica-3.mongorep-mongodb-replica.default.svc.cluster.local
    mongodb.port=27017
  3. service.cache.file.locationプロパティとdataset.content.store.file.locationプロパティを編集し、使用するNetwork File System、またはTalend Data Preparationのどのインスタンスでも使用できる共有フォルダーの場所を指定します。
    service.cache.file.location=sharedContent/
    dataset.content.store.file.location=sharedContent/store/datasets/content/
  4. KafkaインスタンスとZookeeperインスタンスのホストとポートを指定するプロパティを編集します。

    MongoDB URLと同様、KafkaとZookeeperのホストとポートは、最後のポートを除いて連結する必要があります。最後のポートは専用のプロパティを継承します。

    spring.cloud.stream.kafka.binder.brokers=host1:9092,host2:9092,host3
    spring.cloud.stream.kafka.binder.zkNodes=host1:2181,host2:2181,host3
    spring.cloud.stream.kafka.binder.defaultBrokerPort=9092
    spring.cloud.stream.kafka.binder.defaultZkPort=2181
  5. セッション時間を長くして予期しないログアウトのリスクを軽減させるには、以下の行を追加します。
    security.token.renew-after=600
    security.token.invalid-after=3600
  6. インストールするTalend Data Preparationの各インスタンスに、このインストールと設定の手順を繰り返します。

タスクの結果

これで複数のTalend Data Preparationインスタンスがインストールされ、クラスターモードで作業できるよう設定されます。