作成および運用 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

CLIENTS(クライアント)のブロックは、同一または異なるマシン上に存在しうる1つ以上のTalend Studio APIおよびWebブラウザーです。

Talend Studio APIから、エンドユーザーは次の技術的プロセスを実行できます: データ統合またはデータサービスプロセス、メディエーションルートおよびサービス、アーティファクトリポジトリ上でのそれらのパブリッシュ、およびデータボリュームやプロセスの複雑性を問わないデータプロファイル分析およびレポート。

ユーザーは自分が許可されているプロジェクトの作業をTalend Studioで行います。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

管理者はMDMとともにTalend Studioも使用して、一元管理されたマスターデータリポジトリをセットアップおよび操作します。これらにより、必要なビジネスおよびデータルールを使用するデータモデルを構築して、マスターデータの単一の"マスター"コピーを作成できます。

エンドユーザーは、WebブラウザーからセキュアなHTTPプロトコルを介してリモートベースのTalend Administration Centerに接続します。この説明におけるエンドユーザーのカテゴリには、開発者、プロジェクトマネージャー、管理者のほか、データフロー、Web、REST、データサービス、メディエーションルートの構築に関わるさまざまな人たちが含まれます。

それぞれのエンドユーザーは、会社のポリシーに応じて、Talend StudioまたはTalend Administration Center、あるいはその両方を使用します。

Talend DQポータルTalend 7.1以降、非推奨となっています。Data Qualityデータマートを自身のレポートツールに接続することはできません。

エンドユーザーはまた、Webブラウザーを使用してTalend DQポータルに接続します。これはデータクオリティデータマートに接続してTalend Studioのダイナミックレポート/監視機能を拡張し、また、Talend MDM Web UIに接続し、ここでTalend Studioによって処理されるマスターデータを検索、表示、または編集します。

さらに、WebブラウザーからTalend Data Preparation Webアプリケーションにアクセスします。ここでは、ローカルファイルやその他のソースからデータをインポートし、このデータに新しいプレパレーションを作成することによって、クレンジングやエンリッチを行います。また、Talend Data Stewardship Webアプリケーションにアクセスすることもできます。ここでは、キャンペーン所有者およびデータスチュワードがキャンペーンおよびタスクを管理します。オプションにより、Talend Dictionary Serviceサーバーにアクセスして、Webアプリケーションのデータに使用されているセマンティックタイプを追加、削除または編集できます。

TALEND SERVERSおよびDATABASESブロックとGit/SVNの灰色の円には、2つの共有リポジトリーに接続されたWebベースのTalend Administration Center(アプリケーションサーバー)が含まれます: 1つはGitまたはSVNサーバーに基づき、もう1つはデータベースサーバー(Admin)に基づいています。

すべてのプロジェクトは、Talend Administration Centerで管理できます。管理メタデータ(ユーザーアカウント、アクセス権、プロジェクト権限など)はデータベースサーバーに保存され、プロジェクトメタデータ(ジョブ、ビジネスモデル、ルーチン、ルート、サービスなど)はGitまたはSVNサーバーに保存されます(そのため、エンドユーザー間でそれらを容易に共有できます)。

Talend Administration Centerでは、ジョブの実行およびトリガーを処理するタスクを設定することもできます。また、ジョブ生成および実行サーバーへのデプロイのサポートも行います。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。

また、Talend Administration Centerには、Talend Webアプリケーション(つまり、Talend Data PreparationTalend Data Stewardship、およびTalend Dictionary Service)によって使用されるサーバーも含まれます。Talend Identity and Access Managementサーバーは、これらのアプリケーション間でシングルサインオンを有効にするために使用されます。

さらに、Talend Administration Centerでは、Talend Studioで作成されArtifact Repository(アーティファクトリポジトリ)にパブリッシュされたルートおよびサービスにアクセスしてそれらを管理し、それらの Talend Runtimeへのデプロイメントおよび実行をセットアップおよび管理できます。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。

また、Talend MDM Serverでは、マスターデータの現行バージョンが保存されます。MDMリポジトリは、GitまたはSVNサーバーをベースとし、処理するデータのコピーを格納して、ローカル(つまり、Talend Studioと同じマシン上)でもリモートでも保存できます。MDMリポジトリからのデータは、Talend MDM Web UIのユーザーがアクセスする前に、Talend MDM Serverにデプロイする必要があります。