RedHat/CentOS 7システムへの Talend Runtimeサービスのインストール - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

始める前に

次の手順のTALEND-CONTAINERはサービスの名前であり、一例に過ぎません。<TalendRuntimePath> Talend Runtimeのインストールディレクトリーになっていることにも注意してください。

次のコマンドは全て、スーパーユーザー権限で実行する必要があります。

手順

  1. 以下のコマンドを使用して、サービスファイルを作成します:
    touch /etc/systemd/system/Talend-Container.service
  2. 作成したファイルに関連する権限を割り当てます:
    chmod 664 /etc/systemd/system/Talend-Container.service
  3. 設定に合わせて、ファイルに以下の内容を貼り付けます:
    [Unit]
    Description=Talend Runtime Service
    After=network.target
    
    [Service]
    ExecStart=<TalendRuntimePath>/bin/trun
    Type=simple
    
    [Install]
    WantedBy=default.target
  4. サービスデーモンを再度読み込みます:
    systemctl daemon-reload
  5. サービスを開始します:
    systemctl start Talend-Container.service