STSサーバーをコンテナの機能として実行(推奨) - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. KarafコンテナでSTSサーバー機能を有効にするには、次のコマンドを実行します:tesb:start-sts
  2. STSサービスは自動的に開始されます。STSサービスが実行中であることを確認し、コンソールでlistコマンドを実行して、2つの追加バンドルApache CXF STS CoreおよびTalend :: ESB :: STS :: CONFIGを探します。これらによりSTS機能が有効になります。
    注: この(フラグメント)バンドルのステータスは、もう一つのステータスのようにActive(アクティブ)ではなくResolved(取得済み)となっていることが普通です。

    RentACarデモで配布されたサンプルキーは本番環境で使用しないで下さい。使用したキーの交換方法の詳細は、『Talend ESB Infrastructure Services Configuration Guide』の章「Using STS with the Talend Runtime」を参照して下さい。

    STSの使用方法の詳細は、『Talend ESB STS User Guide』および『Talend ESB Infrastructure Services Configuration Guide』の章「Using STS with the Talend Runtime」を参照して下さい。