X-Packセキュリティを有効にしてクラスターに接続するようにFilebeatを設定する - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. Filebeatフォルダーの下にcertsディレクトリーを作成します。
  2. ca/ca.crtcertsディレクトリーにコピーします。
  3. filebeat.ymlファイルを編集し、SSLを以下のように設定します:
    output.logstash:
      hosts: ["logstash.local:5044"]
      ssl.certificate_authorities:
        - certs/ca.crt
  4. 以下のコマンドを実行し、正しい設定ファイルでFilebeatを開始します:
    ./filebeat -e -c ../filebeat.yml