Talend Data Stewardshipをsystemdで実行する - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
systemdを使用して、Talend Data Stewardshipサービスの開始、停止、ステータスの監視を行います。

始める前に

Talend Data Stewardshipを起動する前に、以下のサービスがインストールされ、実行されていることを確認します。

  • talend-tac
  • talend-mongodb
  • talend-iam
  • talend-zookeeper
  • talend-kafka
  • talend-dictionary-service
注: サービスを指定の順序で開始します。

手順

  • 次のコマンドを使用して、サービスを開始します。
    sudo systemctl start talend-tds
  • 次のコマンドを使用して、サービスを停止します。
    sudo systemctl stop talend-tds
  • 次のコマンドを使用して、サービスのステータスを確認します。
    sudo systemctl status talend-tds
  • journalctlコマンドを使用してロギング情報を確認します。
    たとえば、次のような場合があります:
    • サービスジャーナルエントリをリスト表示するには:
      sudo journalctl --unit talend-tds
    • 特定の日付以降のサービスジャーナルエントリをリスト表示するには:
      sudo journalctl --unit talend-tds --since "2018-08-17 13:15:17"