Apache httpd とmod_jkを使用した負荷分散ソリューションの設定例 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

以下の例では、Apache Tomcatでmod_jkを使用した負荷分散ソリューションの設定によるMDMサーバーインスタンスの接続方法の1つを示しています。既にhttpdでの作業経験があること、Apache TomcatおよびApache Tomcatコネクター(mod_jk)の知識がいくらかあることを前提としています。

この種のクラスターは、クラスターのすべての着信リクエストを配信する1台のApacheサーバーと同じマシンにインストールされたMDMサーバーの異なるインスタンスの2つの「ノード」で構成されます。

手順

  1. 設定ファイル<Apache_home>/conf/httpd.confを編集します。
  2. 次の行を追加します。
    JkMount /talendmdm/* loadbalancer
    JkMountCopy all
  3. 新しいファイルworker.propertyを作成し、以下のように設定します:
    Apacheサーバーでは、worker.propertyファイルに基づいてリクエストが送信されるため、worker.loadbalancer.balance_workersにリストされているワーカーが<TomcatPath>/conf/server.xmlファイルのjvmRouteで指定されている名前と一致していることを確認して下さい。
    # Define mdm_node1
    worker.mdm_node1.port=8109
    worker.mdm_node1.host=127.0.0.1
    worker.mdm_node1.lbfactor=1
    worker.mdm_node1.type=ajp13
    
    # Define mdm_node2
    worker.mdm_node2.port=8009
    worker.mdm_node2.host=127.0.0.1
    worker.mdm_node2.lbfactor=1
    worker.mdm_node2.type=ajp13
    
    # Declare the load balancer itself and all the worker nodes
    worker.loadbalancer.type=lb
    worker.loadbalancer.balance_workers=mdm_node1,mdm_node2
    worker.list=mdm_node1,mdm_node2,loadbalancer
    worker.loadbalancer.sticky_session=true
    注:

    各MDMサーバーノードのAJPポートは、<TomcatPath>/conf/server.xmlに含まれています。以下に一例を示します:

    <!-- Define an AJP 1.3 Connector on port 8109 -->
    <Connector port="8109" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8543" />
  4. Apacheサーバーを再起動して、設定を反映させます。