設定ファイルのパスワードの管理 - 7.1

Talend Data FabricインストールガイドLinux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

セキュリティを保護するためパスワードは設定ファイルdatasources.xmlおよびmdm.confのディレクトリー<MDM_ROOT>/conf/で暗号化され、実際のパスワード文字列はテキスト形式では表示されません。

ここでMDM_ROOTは、MDMモジュールをインストールした後にMDM HOMEファイルを置く場所を示しています。MDMモジュールのインストール方法の詳細は、MDMサーバーの手動インストールを参照してください。

  • datasources.xml: このファイルには各種データベースにアクセスするためのTalend MDMのパスワードが含まれています。datasources.xmlを使用する方法の例は、MDMサーバーによるSQLデータベースの使用の管理を参照してください。

  • mdm.conf: このファイルにはadmin.passwordtechnical.passwordの2つのパスワードを含む、MDMサーバーのすべての設定情報が含まれています。詳細は、MDMサーバーの設定を参照して下さい。

必要に応じて暗号化されたデフォルトパスワードを変更し、テキスト形式のパスワードを使用できます。

あるいは、まずテキストモードでパスワードを暗号化し、設定ファイルで直接使用することもできます。詳細は、テキストモードでパスワードを暗号化するを参照して下さい。

以下の例は、テキスト形式のパスワードを使用して、ファイルmdm.confでMDMサーバーのデフォルト管理者ユーザーのデフォルトのパスワードを変更する方法を示しています。

手順

  1. <MDM_ROOT>/conf/mdm.confを開きます。
  2. 暗号化されたデフォルト管理者パスワードを探します。
    admin.password=aYfBEdcXYP3t9pofaispXA==,Encrypt
  3. ,Encryptを含む既存のパスワードを削除し、デフォルト管理者ユーザーの新しいテキスト形式のパスワードを入力します。
  4. 変更内容を保存してファイルを閉じます。

タスクの結果

MDMサーバーの次の起動時に、新しいパスワードが暗号化され、この暗号化された新しいパスワードでファイルが更新されます。