LDAPユーザーの管理 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. ファイル<TomcatPath>/webapps/tdqportal/WEB-INF/conf/webapp/ldap_authorizations.xmlを編集し、LDAPサーバーのLDAPパラメーターを変更します。
    属性名 説明
    ホスト LDAPサーバーのホスト名。
    PORT LDAPサーバーポート。
    ADMIN_USER LDAPサーバー管理者のユーザー名。
    ADMIN_PSW LDAPサーバー管理者パスワード。
    BASE_DN LDAPサーバーベースドメイン。
    USER_SEARCH_PATH Talend DQポータルがユーザーを検索するノード。
    USER_OBJECT_CLASS ユーザーに対応するオブジェクト。
    USER_ID_ATTRIBUTE_NAME ユーザー識別子を含む属性の名前。
    USER_NAME_ATTRIBUTE_NAME ユーザー名を含む属性の名前。
    SUPER_ADMIN_ATTRIBUTE_NAME 管理者情報を含む属性の名前。

    この属性は、USER_ATTRIBUTE name="superAdmin"と一致させる必要があります。

    USER_MEMBEROF_ATTRIBUTE_NAME この属性は、USER_ATTRIBUTE name="memberOf"と一致させる必要があります。
    USER_ATTRIBUTE LDAPサーバーのクエリーで読み込まれるユーザー属性。
    GROUP_SEARCH_PATH Talend DQポータルがグループを検索するノード。
    GROUP_OBJECT_CLASS グループに対応するオブジェクト。
    GROUP_ID_ATTRIBUTE_NAME グループ識別子を含む属性の名前。
    GROUP_ATTRIBUTE LDAPサーバーのクエリーで読み込まれるグループ属性。
    ACCESS_GROUP_NAME これが指定されると、Talend DQポータルにアクセスするためには、ユーザーがこのグループに所属する必要があります。
    GROUP_MEMBERS_ATTRIBUTE_NAME ACCESS_GROUP_NAME属性を指定した場合、この属性にはグループに所属するユーザーのリストを含める必要があります。
  2. ボタンをクリックし、開いたメニューで、[Users Management] (ユーザー管理)をクリックして、ユーザーと役割を確認します。
  3. LDIFファイルのテンプレートを使用してユーザーを追加します。

    たとえば、DNはou=People,dc=talend,dc=com、ユーザーグループはou=/spagobi/talend/tdq_userとします。

    ユーザーのグループを追加するには、次のLDIFテンプレートを使用します。

    dn: ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: top
    objectClass: organizationalUnit
    ou: Group
    
    dn: ou=/spagobi/admin,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/admin
    ou: /spagobi/admin
    
    dn: ou=/spagobi/dev,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/dev
    ou: /spagobi/dev
    
    dn: ou=/spagobi/test,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/test
    ou: /spagobi/test
    
    dn: ou=/spagobi/user,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/user
    ou: /spagobi/user
    
    dn: ou=/spagobi/talend/tdquser,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/talend/tdquser
    ou: /spagobi/talend/tdquser

    ユーザーのグループを追加するには、次のLDIFテンプレートを使用します。

    dn: ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: top
    objectClass: organizationalUnit
    ou: Group
    
    dn: ou=/spagobi/admin,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/admin
    ou: /spagobi/admin
    
    dn: ou=/spagobi/dev,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/dev
    ou: /spagobi/dev
    
    dn: ou=/spagobi/test,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/test
    ou: /spagobi/test
    
    dn: ou=/spagobi/user,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/user
    ou: /spagobi/user
    
    dn: ou=/spagobi/talend/tdquser,ou=Group,dc=talend,dc=com
    objectClass: organizationalUnit
    objectClass: top
    description: /spagobi/talend/tdquser
    ou: /spagobi/talend/tdquser
  4. LDIFデータをLDAPディレクトリサーバーにロードします。