Talend製品の概要 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

このセクションでは、Talend製品を使用する際に必要なすべてのモジュールをリストしています。管理を容易にするため、すべてのサーバーモジュールは同一のシステム上で一元管理することをお勧めします。

注: インストールするすべてのTalendアプリケーションは同じバージョンである必要があります。
  • Talend Administration Centerをホスティングするアプリケーションサーバー(Apache Tomcatサーバー)。

  • Talend Administration Centerの管理メタデータを保存するデータベースサーバー (デフォルトでは、組み込みH2データベースが使用されます)。

  • Talend DQポータルで管理されるデータクオリティレポートおよび分析を保存するデータベースサーバー。

  • プロジェクトメタデータのバージョン管理システム。

  • WebアプリケーションにアクセスするためのWebブラウザー:
    • Talend Administration Center(ここでプロジェクト、ユーザー、およびプロセスを編集/管理できます)。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。

    • Talend DQポータル(Talend Studioの動的なレポートおよび監視機能を拡張します)。詳細は、『Talend DQポータル User and Administrator Guide』を参照して下さい。

      Talend DQポータルTalend 7.1以降、非推奨となっています。Data Qualityデータマートを自身のレポートツールに接続することはできません。

    • Talend MDM Web UI。ビジネス ユーザーおよびデータ スチュワードは、Talend Studio で処理されるマスター データを検索、表示、または編集できます。詳細は、『Talend MDM Web UIユーザーガイド』を参照して下さい。

  • ソフトウェアアップデート、外部ライブラリ、およびアーティファクトを格納するアーティファクトリポジトリ。

  • プロセスをデプロイおよび実行するための実行サーバー(JobServers)または Talend Runtime実行コンテナ(Apache Karafベース)。

  • Talend MDM ServerTalend StudioおよびTalend MDM Web UIMDMパースペクティブを使用する際に必要。

  • テクニカルプロセスを実行するためのStudio API。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  • Talend Activity Monitoring Console (収集されたログ情報の統合に使用できる詳細な監視機能を提供します)。詳細は、『Talend Activity Monitoring Consoleユーザーガイド』を参照して下さい。

これらの各要素については、次のサブセクションで詳しく説明します。