RedHat/CentOS 6システムへのTalend Runtimeサービスのインストール - 7.1

Talend Data Fabric インストレーションガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

始める前に

次の手順で、TALEND-CONTAINERはサービスの名前であり、例としてのみ挙げられているものです。<TalendRuntimePath>Talend Runtimeのインストールディレクトリーになっていることにも注意してください。

手順

  1. 次のコマンドで、サービスファイルをインストールします。
    ln -s /<TalendRuntimePath>/bin/TALEND-CONTAINER-service /etc/init.d/
    chkconfig TALEND-CONTAINER-service --add
  2. 次のコマンドで、サービスを開始します。
    $ service TALEND-CONTAINER-service start
  3. マシンが再起動したときにサービスを開始するには、次のコマンドを入力します。
    $ chkconfig TALEND-CONTAINER-service on

タスクの結果

これでサービスがインストールされます。

サービスを停止するには、service TALEND-CONTAINER-service stopというコマンドを入力します。

マシンが再起動したときにサービスが開始しないようにするには、chkconfig TALEND-CONTAINER-service offというコマンドを入力します。

サービスをアンインストールするには、次のコマンドを入力します。
chkconfig TALEND-CONTAINER-service --del
rm /etc/init.d/TALEND-CONTAINER-service