Talend JobServerのクリーンアップパラメーター - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
各クリーンアップパラメーターのデフォルト値を以下のテーブルに一覧表示します。
注: このファイル内のパラメーターには全てorg.talend.remote.jobserver.commons.config.JobServerConfigurationのプレフィックスが付いています。
パラメーター [Default] 説明
FREQUENCY_CLEAN_ACTION 10分 Talend JobServerのクリーニングアクションの間隔を定義します。自動クリーニングを無効にするには、この値を0に設定します。
MAX_OLD_JOBS 200 アーティファクトと保持するデプロイ済みのジョブの最大数を定義します。この値を超えると、アーティファクトは古いものから順に削除されます。このパラメーターを無効にするには、値を0に設定します。
MAX_DURATION_BEFORE_CLEANING_OLD_JOBS 3 months アーカイブとデプロイ済みのジョブをクリーニングするまでの最大数を定義します。このパラメーターを無効にするには、値を0に設定します。
MAX_OLD_EXECUTIONS_LOGS 1000 保持する実行ログの最大数を定義します。この値を超えると、ログは古いものから順に削除されます。このパラメーターを無効にするには、値を0に設定します。
MAX_DURATION_BEFORE_CLEANING_OLD_EXECUTIONS_LOGS 3か月 実行ログがクリーニングされるまでの最長時間を定義します。このパラメーターを無効にするには、値を0に設定します。
MIN_NUMBER_JOB_EXECUTIONS_BEFORE_RELEASE 50 ジョブがリリースされる条件となるジョブ実行の最小回数数を定義します。ジョブのログは、ジョブがリリースされるまでクリーニングできません。
MAX_DURATION_BEFORE_JOB_EXECUTION_RELEASE_NORMAL_CASE 5分 ジョブがリリースされるまでの正常な実行の最長時間を定義します。
MAX_DURATION_BEFORE_JOB_EXECUTION_RELEASE_ABNORMAL_CASE 24時間 実行が異常とされ、ジョブがリリースされるまでの最長時間を定義します。この異常期間は、エラーが含まれているジョブ実行ログファイルに適用されます。
警告: クリーンアップ時間の値を5分(300秒)未満に設定すると、望ましくない影響が及ぶ可能性があります。