クラスターのHazelcastをベースとする自動インクリメントジェネレータの設定 - 7.1

Talend Data Fabric インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

MDMサーバーのクラスターの場合、分散インメモリデータグリッドのHazelcastベースの自動インクリメントジェネレーターがMDMサーバーの起動時に自動的に初期化されます。

この実装によりクラスターモードでの自動インクリメント生成のパフォーマンスを大幅に向上できます。必要に応じて関連する基本設定または詳細設定をカスタマイズできます。

Hazelcastは、ファイル<$INSTALLDIR>/conf/mdm.conf内でsystem.clusterfalseに設定すると初期化されません。