デフォルトのレポートフォルダーとロゴファイルの設定 - 7.0

レポート

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

Studioではデフォルトのレポートフォルダーを設定することができます。レポートエディターでレポート設定を定義する際に、各レポートドキュメントの保存先をデフォルトのフォルダーとは異なるフォルダーに設定した場合を除き、Profilingパースペクティブで生成したすべてのレポートドキュメントはこのフォルダーに保存されます。レポート設定の定義の詳細は、新規レポートの作成を参照して下さい。

注: このフォルダーはレポートドキュメントのみを保存します(.pdf、.xml、.htmlなど)。レポートおよび分析結果を保存するにはデータベースが必要です。遠隔データベースの設定方法の詳細は、遠隔データベースのセットアップを参照して下さい。

また、ロゴを使用してStudioで生成されるレポートをカスタマイズすることができます。

前提条件: StudioでProfilingパースペクティブを選択していること。

デフォルトのレポートフォルダーとロゴファイルを設定するには、次の手順に従います:

手順

  1. メニューバーで、[Window] > [Preferences](ウィンドウ > 環境設定)の順に選択し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを開きます。
  2. フィルターフィールドにReportingの最初の数文字を入力して、リストから[Reporting] (レポート)を選択して、対応するページを開きます。
  3. [Default Report Folder] (デフォルトレポートフォルダー)フィールドの横の[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、フォルダーを参照するか、新しく作成します。
    [Preferences] (環境設定)ウィンドウでデフォルトレポートフォルダーを定義すると、生成されたレポートドキュメントはこのフォルダーに保存されますが、共有リポジトリをホストするSVNまたはGitサーバーにはコミットされません。
  4. [Default Logo File] (デフォルトロゴファイル)フィールドの横の[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、レポートのロゴとして使用する画像ファイルを参照します。
  5. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  6. [Apply] (適用)と[OK]をクリックして変更を確定し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを閉じます。
    [Default Report Folder] (デフォルトレポートフォルダー)フィールドを空欄にした場合、Studioで生成されたレポートはすべて共有リポジトリをホストするSVNまたはGitサーバーにコミットされます。ただし、レポートエディターで出力フォルダーを定義していない場合に限ります。これにより、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[Reports] (レポート)ノードの下にある外部プロジェクトに生成されたレポートドキュメントをすべてのチームメンバーで共有することができます。