一連のレポートのデータベースの移行 - 7.0

レポート

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

旧バージョンのStudioからレポートやプロジェクトをインポートした場合、定義されたデータベースにレポートを保存できるよう、データベースを移行する必要があります。遠隔データベースのバージョンはStudioのバージョンと必ず一致している必要があります。

大量のレポートをインポートした場合は、一連のレポートに対して同時にデータベースアップグレードを行うことにより、時間を節約することができます。

前提条件: データプロファイリングアイテムまたはプロジェクトのインポートの説明に従って、旧バージョンのStudioプロジェクトやレポートが既に移行されていること。StudioでProfilingパースペクティブを選択していること。

一連のレポートのデータベースを移行するには、次の手順に従います。

手順

  1. メニューバーで、[Window] > [Preferences](ウィンドウ > 環境設定)の順に選択し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを開きます。
  2. フィルターフィールドにReportingの最初の数文字を入力して、リストから[Reporting] (レポート)を選択して、[Reporting] (レポート)ページを開きます。
  3. 遠隔データベースのセットアップの説明に従って遠隔データベースの設定を行い、[Apply to report editors...] (レポートエディターに適用...)をクリックします。
    データベースの設定をコンテキスト接続としてエクスポートし、Studioのリポジトリに保存することができます。詳細は、コンテキスト変数を使用したレポートデータベースへの接続を参照して下さい。
    ダイアログボックスが表示され、Studioで移行または生成されたすべてのレポートが一覧表示されます。
  4. データベース設定またはコンテキスト接続を適用するレポートのチェックボックスを選択して、[OK]をクリックします。
    確認のメッセージが表示されます。
    Profilingパースペクティブで開かれているレポートにデータベース接続を適用することはできません。ダイアログボックスの下部にエラーメッセージが表示されます。該当するレポートのチェックボックスをオフにしてエラーを閉じます。
  5. [OK]をクリックして、確認のメッセージを閉じます。
  6. [Preferences] (環境設定)ウィンドウで、[OK]をクリックします。
    データマートのアップグレードに成功したことを示すメッセージが表示されます。
  7. [OK]をクリックして、確認メッセージと[Preferences] (環境設定)ウィンドウを閉じます。