コンテキスト変数を使用したレポートデータベースへの接続 - 7.0

レポート

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

レポートエディターでコンテキスト変数を使用し、レポート結果を保存するデータマート接続を定義することができます。

コンテキストパラメーターを定義して、異なる構成におけるデータクオリティレポートの実行に使用することができます(ProdTestなど)。一連のレポートを本番で使用する前に、実行および検証する必要のあるさまざまなテスト段階がある場合があります。

Talend Studioでは複数のコンテキストデータセットを作成することができます。Studioの[Preferences] (環境設定)ウィンドウから1回限りのコンテキストデータセットを作成することも、[Integration]パースペクティブのIntegrationノードからコンテキストデータセットを作成してStudioのリポジトリに保存することもできます。

その後、Profilingパースペクティブのレポートエディターからこれらのリポジトリコンテキスト変数を選択し、レポート結果を保存することができます。

コンテキストと、Studioリポジトリにそれらを一元化する方法の詳細については、コンテキストおよび変数の使用を参照して下さい。