ユーザー定義のJRXMLテンプレートをインポートする - 7.0

レポート

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

レポートエンジンを使用してカスタマイズされたJRXMLテンプレートを作成した後、そのテンプレートをStudioにインポートし、カスタマイズされたテンプレートを使用してレポートを生成できます。

前提条件: StudioでProfilingパースペクティブを選択していること。JRXMLテンプレートはローカルに作成され保存されます。

ユーザー定義のJRXMLテンプレートをインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリ)を展開します。
  2. 次のいずれかの手順に従います。
    • [JRXML Template] (JRXMLテンプレート)を右クリックして[Import JRXML] (JRXMLのインポート)を選択します。これで、[JRXML Template] (JRXMLテンプレート)フォルダーの下にテンプレートがインポートされます。
    • [JRXML Template] (JRXMLテンプレート)の下の任意のサブフォルダーを右クリックして、選択したサブフォルダーの下にテンプレートをインポートします。
  3. オペレーティングシステムの [Open] (開く)ダイアログボックスで、インポートするJRXMLテンプレートを格納するフォルダーを参照します。
  4. JRXMLテンプレートを選択して、[Open] (開く)をクリックします。
    インポートされたテンプレートは、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[JRXML Template] (JRXMLテンプレート)フォルダーの下に表示されます。