MDMサーバーでのOracleの使用 - 7.1

Talend Open Studio for MDMインストールおよびアップグレードガイドLinux版

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Open Studio for MDM
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio

MDMサーバーのデータベースとしてOracleを使用するように選択する場合は、MDMサーバーを起動する前に特定の設定を行う必要があります。

異なる複数のテーブルスペースを単一のOracleデータベースで運用できます: マスターコンテナに1つ、システムオブジェクトに1つ、そしてステージングコンテナに1つテーブルスペースを用意します。

異なるOracleバージョンでも設定は同じになります。サポートされているOracleバージョンの詳細は、互換性があるデータベースを参照してください。

MDMでは他の種類のデータベースもサポートされています。詳細は、MDMデータベースの管理を参照して下さい。

手順

  1. Oracle開発ツール(Oracle SQL Developerなど)を使用して、コンテナごとに1つのユーザーを作成します。
    この例では、次の3人のユーザーを作成します: mdm_master、mdm_staging、およびmdm_system。
  2. ユーザーごとにテーブルスペースを作成します。
    たとえば、ユーザーmdm_masterのテーブルスペースMDMMASTERを作成します:
    CREATE TABLESPACE
    MDMMASTER DATAFILE '/home/talend/oracle/oradata/XE/MDMMASTER.DBF'  SIZE 20M
    AUTOEXTEND ON NEXT 5M
    MAXSIZE 100M;
    "tablespace MDMMASTER created" (テーブルスペースMDMMASTERが作成されました)という出力が表示されていることを確認します。
  3. テーブルスペースのユーザーにアクセス権を付与します。
    ALTER USER mdm_master
    QUOTA 100M ON MDMMASTER; 

    "user mdm_master altered" (ユーザーmdm_masterが変更されました)という出力が表示されていることを確認します。

  4. それぞれが異なるテーブルスペースを使用するようにユーザーを変更します。
    この例では、mdm_masterはテーブルスペースMDMMASTERを使用し、mdm_stagingはMDMSTAGINGを使用します。
  5. 各ユーザーに「System Privileges(システム権限)」のアクセス権限があることを確認します。
  6. MDMサーバーでデータソース設定ファイル<$INSTALLDIR>/conf/datasources.xmlを更新します。
    テンプレートは以下のとおりです:
        <datasource name="Oracle-Default">
            <master>
                <type>RDBMS</type>
                <rdbms-configuration>
                    <dialect>Oracle11g</dialect>
                    <connection-driver-class>oracle.jdbc.driver.OracleDriver</connection-driver-class>
                    <connection-url>jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:TMDM_DB</connection-url>
                    <connection-username>mdm_master</connection-username>
                    <connection-password></connection-password>
                    <connection-pool-minsize>5</connection-pool-minsize>
                    <connection-pool-maxsize>50</connection-pool-maxsize>
                    <fulltext-index-directory>/home/talend/Talend-MDMServer/data/indexes/Oracle-Default</fulltext-index-directory>
                    <schema-generation>update</schema-generation>
                    <properties>
                        <property name="hibernate.show_sql">false</property>
                        <property name="hibernate.default_schema">mdm_master</property>
                    </properties>
                </rdbms-configuration>
            </master>
            <staging>
                <type>RDBMS</type>
                <rdbms-configuration>
                    <dialect>Oracle11g</dialect>
                    <connection-driver-class>oracle.jdbc.driver.OracleDriver</connection-driver-class>
                    <connection-url>jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:TMDM_DB</connection-url>
                    <connection-username>mdm_staging</connection-username>
                    <connection-password></connection-password>
                    <connection-pool-minsize>5</connection-pool-minsize>
                    <connection-pool-maxsize>50</connection-pool-maxsize>
                    <schema-generation>update</schema-generation>
                    <properties>
                        <property name="hibernate.show_sql">false</property>
                        <property name="hibernate.default_schema">mdm_staging</property>
                    </properties>
                </rdbms-configuration>
            </staging>
            <system>
                <type>RDBMS</type>
                <rdbms-configuration>
                    <dialect>Oracle11g</dialect>
                    <connection-driver-class>oracle.jdbc.driver.OracleDriver</connection-driver-class>
                    <connection-url>jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:TMDM_DB</connection-url>
                    <connection-username>mdm_system</connection-username>
                    <connection-password></connection-password>
                    <connection-pool-minsize>5</connection-pool-minsize>
                    <connection-pool-maxsize>50</connection-pool-maxsize>
                    <schema-generation>update</schema-generation>
                    <properties>
                        <property name="hibernate.show_sql">false</property>
                        <property name="hibernate.default_schema">mdm_system</property>
                    </properties>
                </rdbms-configuration>
            </system>
        </datasource>

    ファイルの詳細は、Talendヘルプセンターを参照してください。

    注: ステージングエリアでは、フルテキストのインデックスディレクトリーは定義されていません。
  7. 設定ファイル<$INSTALLDIR>/conf/mdm.confを以下のように更新します:
    db.autoPrepare=false
    db.default.datasource=Oracle-Default
  8. MDMサーバーを再起動します。