Joinのプロパティ - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerプロセッサーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
EnrichPlatform
Talend Pipeline Designer
[Join] (結合)を使用してレコードを結合するために設定するプロパティについて説明します。プロセッサー設定内にキーをいくつでも追加できます。

プロパティ

設定

設定

[Join dataset] (結合データセット)

入力データセットと結合するデータセットです。

[Join type] (結合タイプ)
必要な結合タイプをリストから選択します。
  • [Inner join] (内部結合): 一致するカラム値を持つ2つのデータセットを比較し、この結合タイプを使用して、得られたペアのすべてをリスト表示します。互いに一致しない値は、結果セット内で無視されます。
  • [Left outer join] (左外部結合): 結合された出力リスト内の左データセットの値をすべて保持するには、このオプションを使用します。左データセット内のどの行とも一致しない値は、結果セットにNULLとしてリスト表示されます。
  • [Right outer join] (右外部結合): 左右の外部結合を組み合わせるには、このオプションを使用します。右データセット内のどの行とも一致しない値は、結果セットにNULLとしてリスト表示されます。
  • [Full outer join] (完全外部結合): 左右両方の外部結合を組み合わせるには、このオプションを使用します。一致する値を持たないすべての値は、結果セットにNULLとしてリスト表示されます。

詳細は、結合オペレーションに関する追加情報を参照してください。

[Output ignores data origin] (出力はデータの出元を無視する) 左右両方のデータセットの階層構造を均一化およびグループ化する場合は、このオプションを有効にします。

このオプションを有効にしない場合、デフォルトでは、左右のデータセットは結合操作前のものと同じ構造で出力されます。

[Conditions] (条件) [Left key] (左キー)

左データセット内の既存のレコードへのパスを選択するか、または入力します。入力時にオートコンプリートが利用できます。

このプロセッサーはavpath構文を使用します。

[Right key] (右キー)

右データセット内の既存のレコードへのパスを選択するか、または入力します。入力時にオートコンプリートが利用できます。

このプロセッサーはavpath構文を使用します。

情報 [Description] (説明) - オプション

プロセッサーの説明を入力します。

プロセッサー名を変更する場合は、該当するプロセッサーのデフォルト名の横にある [Edit] (編集)アイコンをクリックします。