税込購入合計額の計算 - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerプロセッサーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
EnrichPlatform
Talend Pipeline Designer

始める前に

  • ソースデータを保管するシステムへの接続が作成済みであること。

    ここではAmazon S3接続を使用します。

  • ソースデータを保管するデータセットが追加済みであること。

    ここでは、顧客が最後に購入した品目の税抜き価格と適用される税額に関するデータが含まれているデータセットを使用します。このページの左側パネルにある[Downloads] (ダウンロード)タブからmath-prices.csvファイルをダウンロードします。

  • 接続および処理済みデータを保管する関連データセットも作成済みであること。

    ここでは、同じS3バケットに保存されているデータセットを使用します。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン)ページで[ADD PIPELINE] (パイプラインの追加)をクリックします。新しいパイプラインが開きます。
  2. パイプラインに意味のある名前を付けます。

    例え

    calculate customer purchases
  3. [ADD SOURCE] (ソースの追加)をクリックし、ソースデータを選択できるパネルを開きます。ここでは、Amazon S3に税金情報が保存されている顧客が最後に購入した品目です。

    例え

  4. データセットを選択し、[SELECT] (選択)をクリックしてパイプラインに追加します。
    必要であれば名前を変更します。
  5. をクリックして、パイプラインに[Join] (結合)プロセッサーを追加します。設定パネルが開きます。
  6. プロセッサーに意味のある名前を付けます。

    例え

    calculate price including tax
  7. [CONFIGURATION] (運用設定)エリアで以下の操作を行います。
    1. 購入価格に税額を追加する場合は、[Function name] (機能名)リストで[Fill cells with value] (セルに値を入力)を選択します。
    2. 最後に購入した品目の税抜価格を表示する場合は、[Fields to process] (処理するフィールド)リストで.latest_purchase_pre_taxを選択します。
    3. [Create new column] (新しいカラムの作成)オプションを選択すると、計算結果が新しいフィールドに表示されます。
    4. 2つのフィールドの合計を計算する場合は、演算子として+を選択します。
    5. 元の価格に税額を追加する場合は、[Use with] (次を使用)リストで[Other column] (他のカラム)を、[Column] (カラム).taxをそれぞれ選択します。
  8. [Save] (保存)をクリックして設定を保存します。

    プロセッサーのプレビューに注目し、操作前のデータと結合後のデータを比較します。

  9. [ADD DESTINATION] (デスティネーションの追加)アイテムをクリックし、出力データを保存するデータセットを選択します。
    必要であれば名前を変更します。
  10. Talend Cloud Pipeline Designerの上部のツールバーで、リストから実行プロファイルを選択します(詳細は実行プロファイルを参照してください)。
  11. 実行アイコンをクリックしてパイプラインを実行します。

タスクの結果

パイプラインは実行中となり、顧客が最後に購入した税込合計額が含まれる新しいフィールドは元のデータセットに追加され、指定のターゲットシステムに送信されます。